新着
令和2年6月24日    令和3年度からの「日課表」変更について(お知らせ)    宮城県貞山高等学校             校長 石川俊樹    本校HPをご覧の皆様におかれましては,新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る臨時休校期間をはじめ,学校再開後も従来とは異なる状況が続く中,本校教育活動に対するご理解とご協力を賜りまして,誠にありがとうございます。  さて,本校ではこれまで昼間部と夜間部で異なる時間(45分・40分)の授業を実施してまいりましたが,より良い学校づくりの一環として「全校45分授業」への移行を検討し,来年度から下記のとおり「日課表」(時程)を変更することといたしました。 一般的に標準50分とされる授業時間を短縮する設定には,働いた後などの限られた時間(定時制)で高校教育を受けようという生徒のために,卒業までの年数をあまり増やさず学ぶことのできる教育課程(時間割)を組むという考え方が反映されています。しかし,1コマ5分の短縮であっても,年間すべての授業時数分をトータルすると膨大な学習時間をカットしていることになります。そこで,校内での授業時間の違いをなくしつつ,学校教育活動の基幹部分...